屋島活性化シンポジウムを開催しました。

yashimasympo1

 本市では、有識者等で構成する屋島会議(会長:植田和弘京都大学大学院経済学研究科教授)を設置し、屋島の保存・整備や活性化についての幅広い検討を行い、屋島全体の総合的かつ長期的なビジョンとして、屋島活性化基本構想(仮称)を策定することとしております。
 平成24年7月14日に、サンポートホール高松第2小ホールにおいて、「屋島活性化シンポジウム 〜世界に誇れる「屋島」を目指して〜」を開催し、約250人もの皆様の御参加をいただき、平成24年3月に取りまとめられた「屋島活性化基本構想(仮称)中間報告について」の基調講演とともに、「世界に誇れる「屋島」を目指して」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

1 開催日時

 平成24年7月14日(土) 午後2時から午後4時30分まで(受付 午後1時〜)

yashimasympo2

2 開催場所

 サンポートホール高松 第2小ホール
 高松市サンポート2−1 高松シンボルタワー・ホール棟5階

3 プログラム

 1 開   会
 2 挨   拶
     高松市長 大西 秀人  高松市議会議長 大浦 澄子 
 3 基調講演
      テーマ:「屋島活性化基本構想(仮称)中間報告について」
     講 師:植田 和弘(屋島会議会長 京都大学大学院経済学研究科教授)
 4 休   憩
 5 パネルディスカッション
     テーマ:「世界に誇れる「屋島」を目指して」
     コーディネーター  植田 和弘(屋島会議会長 京都大学大学院経済学研究科教授)
     パネリスト      北川 フラム(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)
                   金田 章裕(人間文化研究機構長)
                   佃 昌道(高松大学・高松短期大学学長)
                   村田 和子(旅行ジャーナリスト)
 6 閉   会
                                                                 (敬称略 50音順)
                             


もどる

↑このページの上へ