施工実績登録について


【新着情報】 (平成27年4月14日更新)
★新たに「とび・土工・コンクリート工事」の施工実績登録を開始しました。
★「造園工事」の登録項目を追加しました。
 ※詳細は、各申請書及び参考をご確認ください。



 平成18年6月のかがわ電子入札システムを利用した電子入札の開始後、高松市が電子入札により実施する公募型指名競争入札において、入札参加条件として求める施工実績のうち主なものについては、事務の効率化と参加希望業者の利便性向上を図るため事前に登録ができることとしています。施工実績を登録しているときは、入札参加申請時に提出を求めている実績調書に施工実績登録をしている旨の表示をするだけでよく、従来、実績調書への添付をお願いしておりました、契約書の写し・施工証明・コリンズの竣工時登録内容確認書・テクリスの完了時登録内容確認書等の添付が不要となり、これらの書類の添付誤り等の単純ミスを防止することができます。
 また、申請のあった施工実績は市において審査・登録後、施工実績登録票を送付した時点から有効となり、また、毎年度、登録を行う必要はありません。(申請受付から登録までは、一週間程度を要します。なお、実績登録による運用は、当分の間、電子入札による公募型指名競争入札案件のみとしています。)

 施工実績登録の対象案件は、建設工事では、(土木一式、建築一式、とび・土工・コンクリート、電気、管、ほ装、塗装、防水、造園)、コンサルでは、(土木委託、建築委託)で、案件ごとの入札情報において施工実績登録の対象案件該当の有無について表示をしています。(施工実績登録を認めない案件については、施工実績を記する書類を添付していただく必要があります。)

※しゅん工登録日が平成26年4月1日以後の場合で、改定前の消費税及び地方消費税率(5%)が適用されているときは、施工実績登録申請時に、当該契約における消費税及び地方消費税額を明らかにすることができる書類を添付してください。

※建設工事における施工実績の対象は、元請実績及び元請業者と当該申請業者の関係を明確にするため1次下請実績に限定しております。

※一般競争入札案件(入札後審査型制限付き一般競争入札を含む。)については、従来どおり申請ごとに実績の添付が必要です。(ただし、入札後審査審査型にあっては、落札候補者となった場合に提出していただきます。)

※登録申請の受付は随時行っています。新たに登録できる施工実績を得た場合や、現在、登録している施工実績を上回る工事が竣工した場合は、早めの登録をお願いします。

 申請は、契約監理課へ持参又はFAX(087−839−2570)により、お願いいたします。

 施工実績登録申請書の様式は、こちらからダウンロードしてください。

↑このページの上へ