高松市持続可能な水環境の形成に関する条例

未来の子どもたちに 持続可能な水環境を引き継ぐために

 本市では、時間給水が延べ69日間に及んだ平成6年の異常渇水を教訓として、これまで、節水型都市づくりや水源の確保に取り組むとともに、平成15年には、「健全な水循環」という視点を新たに加えた「高松市水循環健全化計画」を策定し、水に関する様々な取組を進めてきました。
 しかしながら、その後も渇水の頻発や、高潮・大雨による浸水被害の発生など、本市の水を取り巻く現状は、いまだに厳しいものがあります。
 このような状況の中で、平成20年2月に、水に関する様々な関係者により構成する「高松水環境会議」 を設置し、約2年間の議論を経て、平成22年2月には、本市の水環境に関する提言書「みんなの水を みんなで考えよう」 が提出されました。

 本市では、この提言書などに基づき、持続可能な水環境の形成に向けた基本理念や、市、市民及び事業者の責務、取り組むべき施策、水環境基本計画の策定などについて定めた「高松市持続可能な水環境の形成に関する条例」を、平成22年9月に制定しました。

↑このページの上へ