高松市公文書館整備基本計画

 本市では、簡素で効率的な行財政システムの構築を目標とし、保有する公文書の適正な管理と、歴史公文書等(歴史資料として重要な公文書その他の文書)の適切な保存及び利用を図るため、文書管理体制再構築事業を実施しています。その一環として、歴史公文書等の保存、利用及び調査研究を行う公文書館の整備を行うため「高松市公文書館整備基本計画」を策定しました。
 この計画は、「高松市歴史公文書等の保存及び利用に関する懇談会」の意見、パブリック・コメント等を参考にしています。

高松市歴史公文書等の保存及び利用に関する懇談会

 歴史資料として重要な公文書等の保存及び利用のあり方を検討するに当たって広く市民の意見を聴くため設置しました。
 平成23年8月から平成24年5月まで、5回に渡り、高松市歴史公文書等選別基準、高松市公文書館整備基本計画について意見を述べていただきました。

パブリック・コメント

 平成24年3月12日(月)から4月6日(金)までの期間で「高松市公文書館整備基本計画(素案)」に対する意見募集を行いました。


もどる

↑このページの上へ