我が家の水がめづくり「巧水(たくみ)キャンペーン2012」実施結果について

実施結果について

 我が家の水がめづくり「巧水(たくみ)キャンペーン2012」に、たくさんの御応募をいただきありがとうございました。

 応募件数は、個人からの応募が559件、事業所からの応募が5件でした。

 巧水宣言としましては、「水栓の開閉はこまめに行う」などの節水対策や「雨水を貯留して散水等に使用する」など水の有効利用など多くの巧水宣言が寄せられました。

 今後とも、「水を巧みに使い、水を大切にしている高松」を皆様と一緒に全国発信していけますよう、巧水スタイルの推進への御協力をお願いいたします。

巧水宣言抜粋

 私は、お皿を洗うとき、手を洗う時、おふろに入っている時、水をこまめに止めます。この夏わたしは、節水をこころがけようと思います。(花園小学校)

 庭で野菜を作っています。水やりには、雨水をためて毎日やっています。洗濯はお風呂の残り湯を使っています。未来のことを考えた「巧水スタイル」の生活を続けていきたいです。(前田小学校)

 ぼくが取り組んでいる事は、雨水で水やりをしたり、雨水をとっておいて暑い日にうち水をしたりしています。ほかにもじゃ口をしっかりしめたり、いれ物に水をいれて手を洗ったりしています。ぼくは、この「水」というとても大切な資源を一てきでも多く、次の世代に水をのこしたい。という気持ちで、これからも取り組んでいきたいです。(前田小学校)
 


もどる

↑このページの上へ