title
logo


“瀬戸の都・高松”石彫トリエンナーレは,全国でも有数の石材産地の一つに数えられ,優れた芸術家たちの石彫の制作現場となってきた,高松市牟礼・庵治地区を中心として開催される石彫コンクールです。

『石のまち』牟礼・庵治地区を広く世界に発信するとともに,石彫作家の育成と,市民が優れた芸術作品にふれることのできる場の提供により,高松の文化芸術の発展に寄与することを目指しています。

石彫トリエンナーレ2012審査結果

“瀬戸の都・高松”石彫トリエンナーレ2012では,国内外から119点(国内95点,海外24点)の応募があり,平成24年6月9日(土)に第1次審査,平成24年7月28日(土)に第2次審査を行った結果,優秀賞1点・奨励賞2点を含む19点の入選作品が決定しました。
受賞者3名および,招待作家 三沢厚彦氏は,平成24年9月〜10月にかけ,原則として高松市内で石彫作品を制作し,作品は高松市立房前公園に設置,11月上旬頃から公開されます。




※『応募要項』『応募申込書』各PDFファイルの閲覧には,Adobe Reader が必要です。こちらからダウンロードできます(無料)。



開催概要

審査員 乾 由明 (兵庫陶芸美術館館長)
酒井 忠康 (世田谷美術館館長)
建畠 晢 (京都市立芸術大学学長)
富山 秀男 (美術評論家)
速水 史朗 (彫刻家)
1次審査
(書類)
提出物 応募申込書,デッサン,模型作品写真
受付期間 平成24年5月14日(月)〜5月21日(月)
審査日 平成24年6月中旬(予定)
2次審査
(模型作品)
提出物 模型作品(50cm立方以内・石材に限る)
搬入期間 平成24年7月22日(日)〜7月24日(火)
審査日 平成24年7月下旬(予定)
入賞・入選
作品展示
平成24年9月7日(金)〜9月23日(日)
高松市石の民俗資料館
賞・賞金 優秀賞(1点) 100万円
奨励賞(2点) 80万円
スポンサー賞 10万円
実物作品
公開制作
制作者 招待作家 三沢 厚彦みさわ あつひこ(彫刻家)
受賞者3名(優秀賞1名・奨励賞2名)
期間 平成24年9月24日(月)〜10月30日(火)
制作場所 原則として高松市
設置場所 高松市立房前ふさざき公園
主催 “瀬戸の都・高松”石彫トリエンナーレ2012実行委員会・高松市
協賛 協同組合庵治石振興会・庵治石開発協同組合・讃岐石材加工協同組合・石翔会
歯ART美術館
後援 香川県
お問い合わ
せ先
“瀬戸の都・高松”石彫トリエンナーレ2012実行委員会事務局 (担当:細川)
〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
(高松市創造都市推進局文化・観光・スポーツ部文化芸術振興課内)
TEL: 087-839-2636 FAX: 087-839-2015
e-mail: bunka@city.takamatsu.lg.jp




2009

前回(2009年)の開催内容

↑このページの上へ