民間住宅の耐震診断、改修工事等補助の拡充を行いました。

★今年度の住宅耐震補助の受付けを開始しました。

 高松市は、地震に対する住宅の安全性の向上を図り、人的被害などを軽減するため、住宅の耐震診断・耐震改修工事にかかった費用の一部を補助しています。平成28年度から、制度を大幅に見直し、補助率の引き上げ・補助の拡充を行いました。
 ぜひ、この機会に補助制度を利用し、住まいの安全・安心のために、耐震化・減災化に取り組みましょう。

今年度の住宅耐震補助の受付けは、

 耐震診断           平成28年12月22日まで
 耐震改修工事等     平成28年11月30日まで

※予算がなくなり次第受付けを終了します。

● 対象住宅(補助対象となる住宅の要件) ※賃貸住宅も対象になりました!

@昭和56年5月31日以前に着工された戸建て住宅、長屋建て住宅及び併用住宅(住宅以外の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のもの)です。
※枠組壁工法、丸太組工法及び大臣の特別な認定を得た工法によるものは除きます。

A耐震改修工事については、耐震診断により、構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性が、地震により倒壊し、若しくは崩壊する危険性が高いと評価され、又は危険性があると評価されていることが条件です。

B補助金の交付申請の時点において、建築基準法に基づく重大な違反がないことが条件です。

● 補助対象者

 市内に対象となる住宅を所有する方又は、所有者に承諾を得た方。ただし、市税の滞納のない方に限ります。

● 補助金の額 ※新規補助・補助率アップ等補助内容の大幅な見直しがあります!

 補助金の額は、耐震診断及び耐震改修工事等についてそれぞれ以下のとおりです。

(1)耐震診断に係る補助金の額は、耐震診断に要する費用の10分の9に相当する額(上限9万円)です。

   
(2)耐震改修工事に係る補助金の額は、耐震改修工事に要する費用の全額(上限90万円)です。
  

(3)簡易耐震改修工事(木造に限る)に係る補助金の額は、簡易耐震改修工事に要する費用の全額(上限50万円)です。
   

(4)耐震シェルター等設置工事に係る補助金の額は、設置工事に要する費用の全額(上限20万円)です。
    

● 手続きの流れ

● 申込書等

詳しくは、高松市建築指導課までお問合わせ下さい。

● 住宅の耐震改修による税制の特例措置について

 ある一定の要件を満たす耐震改修工事を行った方は、税制の特例措置(所得税の特別控除と固定資産税の減額措置)を受けられる場合があります。
  優遇措置を受けるためには、耐震改修証明書等の必要書類添付の上、各申告先に提出する必要があります。

●住宅の耐震改修等事業における優遇金利による融資について

「高松市と株式会社百十四銀行との連携協力に関する協定」に基づき、耐震診断、耐震改修工事資金に対して、優遇金利を適用した無担保の融資を百十四銀行で取り扱っております。百十四銀行の香川県内本支店及びローンプラザにお問い合わせください。

↑このページの上へ