まちかど救急ステーション標章交付制度

市民の方等が、突然の呼吸・脈が停止するような重篤な状態になった場合や、不慮の事故に遭遇した時、すぐ近くにあるAED設置事業所のAEDを使用して電気ショックを行うことで、効率的な救命措置が出来る制度「まちかど救急ステーション」を開始いたします。
 AED設置事業所につきましては、平成16年7月から医師でなくても、AEDが一般市民にも扱えるようになり、公共施設や不特定多数の人が集まる施設に設置が急速に進み、救命への道が大きく広がってきました。
 しかし、設置場所の公表や維持管理の状況が把握できない状況であります。そこで、効率的な救命措置が出来るよう、AED設置事業所の認定要件を定め、「まちかど救急ステーション」として認定を行い、心肺停止傷病者の救命率の向上及び安全安心なまちづくりを目的として開始するものです。

標章交付認定要件

1 本市、綾川町又は三木町に事業所を有する者であること。
2 事業所にAEDを1台以上設置し、適正に維持管理していること。
3 高松市消防局が行う救命講習を修了している者又は消防局長が、救命講習の修了者と同等の知識及び技術を有すると認める者が、1名以上常駐していること。
4 営業時間又は公開時間中の緊急時において、AEDを活用した救急手当てが行え、AEDを誰にでも提供でき、使用後は事業所において整備できること。
5 まちかど救急ステーションである旨を、広報誌、ホームページ等で公表することに同意していること。

申請様式について

まちかど救急ステーションの認定を受けるためには、申請書(様式第1号)の提出が必要です。
 高松市消防局 消防防災課若しくは各消防署の救急係まで提出をお願いします。

問合せ先
 高松市消防局 消防防災課 救急救助係
  電話 087−861−1550

まちかど救急ステーション登録事業所

↑このページの上へ