セーフティネット保証の認定について

取引先企業の倒産・自然災害などによる経営の安定に対応した融資を受けたい方
災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、保証限度額の別枠化を行う制度です。

■対象となる方
次に掲げる経済環境の急激な変化に直面し、経営の安定に支障を生じている中小企業者であって、事業所の所在地を管轄する市町村長又は特別区長の認定を受けた方
 1号 大型倒産発生により影響を受ける中小企業者
 2号 取引先企業のリストラ等により影響を受ける中小企業者
 3号 突発的災害(事故等)により影響を受ける中小企業者
 4号 突発的災害(自然災害等)により影響を受ける中小企業者
 5号 業況の悪化している業種に属する中小企業者
  (イ)指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期比5%以上減少の中小企業者
  (ロ)指定業種に属する事業を行っており、製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上、上昇しているにもかかわらず、製品等価格に転嫁できていない中小企業者
 6号 金融機関の破綻により資金繰りが悪化している中小企業者
 7号 金融機関の相当程度の経営合理化(支店の削減等)に伴って借入れが減少している中小企業者
 8号 整理回収機構に貸付債権が譲渡された中小企業者のうち、再生可能性があると判断される者

※平成27年10月1日から経営安定関連保証(セーフティネット保障)の1号から6号までについて、中小規模の特定非営利活動法人(NPO法人)も利用することが可能となります。
■対象規模要件
 (1) 従業員(雇用契約関係が無いボランティア等は従業員に含まれない)
   製造業 …………………………300人以下
   卸売業・サービス業 ……………100人以下
   小売業(飲食業を含む) ……… 50人以下
 (2)資本金
   規模要件なし

(なお、対象条件等詳細は、中小企業庁のホームページへ)

※申請いただいてから、認定が下りるまでに、2〜3営業日かかります。余裕を持っての申請をお願いします。

↑このページの上へ