※ 申し訳有りません。このページではスクリプトを使用しています。
スクリプトを許可するか、スクリプトを使用できるブラウザをご利用ください。

【庵治石(あじいし)】

世界に誇る「天下の銘石 庵治石」

   高松市北東部の五剣山の麓に広がる牟礼町と庵治町は世界に名高い「石の里」です。付近の山では、庵治石と呼ばれる良質の花崗岩が採れ、キメの細やかさ・光沢・重量感を兼ね備えたその優れた石質から、国内のみならず、世界からも高い評価を得ています。
   歴史は平安時代にまでさかのぼり、平安時代後期から採掘・加工されており、江戸時代に高松藩の御用丁場となったことから急速に発達したと伝えられております。
   豊かな気候風土や千年にも及ぶ歴史の中で培われた伝統と技術にささえられ、高松の特産品として現在も、大きく発展し続けています。

細目(こまめ)
【庵治石の特徴】
    庵治石の特徴はきめ細かい地肌。石英・長石・雲母などの結晶が小さく、その粒子の大きさで細目(こまめ)・中細目(ちゅうこまめ)・中目(ちゅうめ)などと分類されます。
  最大の特徴として、細目は小さな黒雲母の数が多く、「斑(ふ)が浮く」という現象があり、磨けば石の表面が幻想的な二重のかすり模様を見せる。また、他の石に比べ硬く緻密なため小さい部分の加工が可能で、磨くほどに艶が出るなど花崗岩の特質においても庵治石は特に優れています。花崗岩と構造も組織も似て、色が少し濃く、緑がかった「閃緑岩」という石があり、花崗岩と閃緑岩の中間のものを「花崗閃緑岩」と呼び、ひときわ美しい細目の庵治石がこれに当ります。
庵治石で作られた作品

  ―庵治石製品―  伝統の技術と美しい庵治石で作られた作品の数々
       @墓石   A燈籠   B石彫

   「協同組合 庵治石振興会」のサイト
   「讃岐石材加工 協同組合」のサイト
   「庵治石開発 協同組合」のサイト
   「石の民俗資料館」のサイト
   

むれ源平石あかりロード

【むれ源平石あかりロード】
    源義経や那須与一がかけぬけた源平屋島合戦の舞台でもあるこの地には、多くの史跡があり、その沿道に地元の石工の技術で作った「石あかり」を住民の協力で軒先を借りて置き、夏の2ケ月ここに幻想の道が現れます。

   「讃岐石材加工 協同組合」のサイト

↑このページの上へ