特別講演会A漱石『行人』と『こころ』の意義―芥川の存在に触れて―