高松市新病院基本構想について

 「高松市新病院基本構想」は、『市民に信頼される、患者本位の医療を提供する、地域に貢献できる病院をめざします。』を基本理念として策定しました。
 この基本構想は、市民病院と香川病院を移転統合した新病院を整備し、塩江病院をその附属医療施設とすることや、果たすべき役割・機能、特徴、診療科目など基本的な考え方を示しています。
 
  新病院は、工事車両等の進入路の確保に日時を要していることから、目指していた平成26年度中の開院は困難な状況です。
 今後とも、早期開院に向けて全力で取り組んでまいります。


もどる

↑このページの上へ