a@10

料亭 大忠(だいちゅう) 跡

 和紙に大忠と書かれた軒行燈をはじめとして、屋内すべてが風流的な様式で、菊池寛も帰高の都度、ギリギリの時間でも立ち寄って、一品料理を味わった。


戻る

↑このページの上へ