a@9

華下天神

華下天神(はなのしたてんじん)

 生駒親正が高松城築城に際し、城の鎮守神として社殿を北向きに改築した。北向天神の名で知られ、中野天満宮より創建が古いので、古天神ともいわれている。菊池寛は、同郷だと言って金の無心に来る者に、この天神の向きを尋ねたという。


戻る

↑このページの上へ