a@8

浄願寺跡

浄願寺(じょうがんじ) 跡

 浄願寺は宇多津に創建され、生駒親正が高松城に移ってから寺町に移ったが、火災にあい全焼。明暦2年(1656)に五番丁の地を与えられ再建される。明治期には四番丁小学校の五番丁分教場があり、菊池寛が通学していた。空襲などにより、現在は番町二丁目に移動している。中央公園には、浄願寺跡地の石碑と浄願寺ゆかりの禿狸の像がある。

浄願寺のハゲさん


戻る

↑このページの上へ