史跡高松城跡(玉藻公園)

高松城の歴史

 天正15年(1587)に讃岐一国を与えられた生駒親正は、翌天正16年(1588)から数箇年かけて高松城を築城しました。このとき、「野原」の地名を『高松』と改めました。生駒氏の治世は寛永17年(1640)の生駒騒動による転封まで4代54年間に及びました。生駒氏転封後の寛永19年(1642)には、松平頼重に東讃12万石が与えられました。頼重は城内の改修を行い寛文10年(1670)には天守の改築を完成させ、翌年から東ノ丸、北ノ丸を新造し、2代藩主頼常は月見櫓や艮櫓などを建て、大手を南側から南東側に移動し、三ノ丸に御殿を建てました。その後、城は大きく改変されることなく、11代にわたって松平氏の居城としてその姿を見せていましたが、慶応4年(1868)、官軍に開城することになりました。お城といえば「いくさ」と考えがちですが、高松城はいくさを経験していない城です。高松城が築城された天正16年(1588)には、既に豊臣秀吉により九州から東海地方まで平定されていました。また、慶応4年(1868)鳥羽伏見の戦い後に朝敵とされ、土佐藩を中心とする官軍に包囲された時も戦うことなく開城しています。
 明治期に外堀は埋め立てられ市街化が進み、城郭の北側も埋立てが行われ海城の雰囲気が薄れました。また、中堀より内側は兵部省(のちの陸軍省)の管轄となり、城郭建物の多くは破却され、明治17年(1884)には老朽化を理由に天守の解体が行われました。明治23年(1890)に再び松平家に払い下げとなり、天守台に玉藻廟、三ノ丸に現在の披雲閣が建築されました。昭和29年(1954)に高松市の所有となり、昭和30年(1955)に国史跡として指定され、同年5月5日から玉藻公園として一般に公開しています。
 往時は3重4階+地下1階の天守がそびえ、要所には約20の櫓が建ち並び、その威容を誇っていましたが、現在では艮櫓、月見櫓、渡櫓、水手御門が現存し、重要文化財に指定されています。このほか、大正6年(1917)に建築された披雲閣が、重要文化財に指定されています。また、江戸時代の庭園を一部残しながら披雲閣建築に際して作庭された国指定名勝の披雲閣庭園には、緑したたる老松・名木が立ち並ぶ中、大型の石材を用いた石橋・石燈籠・手水鉢・飛石などが配置され、高松松平家の権威がしのばれます。
 史跡高松城跡(玉藻公園)は市民に愛され親しまれており、年間を通じて多数の市民および観光客の入園があり、特に花見シーズンには桜の馬場の夜間無料開放を実施しています。
(※歴代藩主の〔頼〕の字は、ホームページ上では略字を使用しています。本来は「束」へんに「刀」の下に「貝」と書きます。)

指定文化財等

▽重要文化財
  昭和25年8月29日指定
   高松城四棟
   ・北之丸月見櫓
   ・北之丸水手御門
   ・北之丸渡櫓
   ・旧東之丸艮櫓 
  平成24年7月9日指定
   披雲閣(旧松平家高松別邸)三棟
   ・本館
   ・本館付倉庫
   ・倉庫
      附 裏門一棟、袖塀二棟、井戸屋形一棟、四阿二棟

▽史跡
  昭和30年3月2日指定
   高松城跡

▽名勝
  平成25年10月17日指定
   披雲閣庭園

▽都市計画決定
  昭和23年11月25日(当初)
  昭和49年4月30日(計画変更)

玉藻公園利用案内(開園時間・入園料など)

【公園の開園時間】
西門の開園時間東門の開園時間
4月から5月5:30から18:307:00から18:00
6月から8月5:30から19:007:00から18:00
9月5:30から18:307:00から18:00
10月6:00から17:308:30から17:00
11月6:30から17:008:30から17:00
12月から1月7:00から17:008:30から17:00
2月7:00から17:308:30から17:00
3月6:30から18:008:30から17:00
12月29日から12月31日は休園します。
【入園料】
 普通団体
(20人以上)
大人(16歳以上)200円140円
小人(6歳以上16歳未満)100円70円
【定期入園券】
大人(16歳以上)1人1年間1,200円
小人(6歳以上16歳未満)1人1年間600円
1月1日から1月3日は無料開放いたします。

<入園料割引について>
・香川県立ミュージアム、栗林公園、高松市美術館との相互割引があります。
※割引内容は団体料金の適用(3割引)となります。
【年間行事予定】
行事内容開催期間
新年無料開放1月1日から1月3日
植木市3月中旬から4月上旬
桜見物夜間無料開放4月上旬
一般開放記念無料開放5月5日
サツキ盆栽展5月下旬
英公様追悼游泳祭6月第1日曜日
クールミスト内苑御庭7月下旬から8月下旬
高松城映画上映会8月中旬
香川国風小品盆栽展9月下旬
菊花展10月中旬から11月中旬
披雲閣オリジナルコンサート10月下旬
松ぼっくりツリーの展示12月1日から1月31日
都合により開催期間が変更になることがあります。

玉藻公園披雲閣の利用について

玉藻公園内にある披雲閣は、会議や茶会、華展等の催し物の会場として使用することができます。
使用に当たっては、事前の申請と使用料の納付が必要です。
使用申請をする場合は、玉藻公園管理事務所(電話087-851-1521)に事前にお問い合わせください。

★消費税法等の改正に伴い、平成26年4月1日から披雲閣の使用料を改定しました。

【披雲閣1日の使用料(円) ※H26.4.1から適用】
種別1日部屋使用料1日電灯使用料
営業を目的とする
展示会等
その他営業を目的とする
展示会等
その他
大書院 142畳9,4004,7002,4301,210
蘇鉄の間 165u(約100畳)5,6102,8001,460730
槙の間 47畳4,7002,3401,460730
松の間 20畳3,2701,630960480
桐の間 26畳4,0201,980490240
杉の間 40畳6,2403,0801,150570
藤の間 26畳3,7501,850490240
調理場1,4207001,460730
玄関1,420700490240
全館39,83019,78010,3905,170
上記のほか、電気製品を持ち込んで使用する場合は、別途電気使用料が必要です。

史跡全体平面図

高松城案内

 高松城は瀬戸内海に面して築城された海城で、日本三大水城(高松城、今治城、中津城)の1つに数えられています。
 城は大きく分けて本丸、二ノ丸、三ノ丸、桜ノ馬場、西ノ丸、北ノ丸、東ノ丸、外曲輪からできています。また、本丸、二ノ丸を囲む内堀、三ノ丸、桜ノ馬場、西ノ丸、(北ノ丸)、(東ノ丸)を囲む中堀、外曲輪を囲む外堀の三重の堀に囲まれており、そのすべてに海水を引き込んだ城です。 明治になり、外堀が埋め立てられ、外曲輪部分などが市街化していますが、本丸、二ノ丸、三ノ丸、桜ノ馬場、北ノ丸が往時の姿を伝えています。

史跡高松城跡パンフレット

史跡高松城跡保存整備基本計画

『見学会等』

指定管理者について

高松市立玉藻公園は、平成18年4月1日より指定管理者「香川県造園事業協同組合」により管理運営業務を行っています。


もどる

↑このページの上へ