市長の写真

『ふるさと納税』で高松のまちづくりを応援してください

 高松市は、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面し、これまで、人々の暮らしや経済・文化など様々な面において、瀬戸内海との深いかかわりの中で、県都として、また、四国の中枢管理都市として発展を続けてきた、海に開かれた都市です。

 今、高松市は魅力ある、住みよいまちづくりを目指して、さまざまな施策・事業に取り組んでいます。

 このような中、地方税法が改正され、自分が「応援したい!」と思う地方公共団体に寄附することにより、個人住民税から税額控除ができる『ふるさと納税』制度がスタートしました。

 そこで、高松市が目指す都市像「活力にあふれ 創造性豊かな 光かがやく 瀬戸の都・高松」の実現に向け、全国でご活躍されている皆さまからの応援をいただければ幸いです。

 「高松市を応援してみよう」と思われる皆さま。ぜひ、「ふるさと納税」という応援スタイルで、風光明媚な自然に恵まれ、おもてなしの心のある「ふるさと高松」を元気にするための、まちづくり・人づくりを応援してください。

高松市の新しい『ふるさと納税』制度について

 平成27年2月1日(日)から、ふるさと納税制度の利用促進を図るため、内容を見直し、新たな取り組みを開始していきます。

 新たな制度としまして、お礼品を設定したことから、市外にお住まいの方からご寄附をいただければ、寄附金額に応じて、お礼の気持ちとして高松市の特産品等をお選びいただけます。また、ふるさと高松を想う気持ちにお応えできるように、故郷にあるお墓を清掃するサービスもお選びいただけます。

 あわせて高松市の魅力を高める様々な事業に役立てるため、寄附者の意向に沿った事業をお選びいただけるよう、対象事業を分かりやすく表示してまいります。

 「高松のまちづくりを応援したい」という皆さまの想いを、寄附という形で広く受け付けておりますので、皆さまからの応援を心からお待ちしています。

平成27年4月28日(火)からインターネットによる申込ができるようになりました。

○「専用サイト」高松市のページは下のバナーをクリックしてください▽ 

高松市 ふるさと納税

ふるさと高松応援寄附金のお礼品に、親善都市である水戸市の物品を追加します

 本市と水戸市は、歴史的に深いつながり(初代高松藩主松平頼重が、水戸光圀の兄)があることから、観光客の交流を初め、教育文化の交流を目的として、高松・水戸両市の親善都市提携が行われています。
この親善都市を産業振興の側面から支援するため、本市に5,000円以上の区分でご寄附いただいた方が選択できるお礼品に、水戸市の特産品を追加し、贈呈する取り組みを始めます。

ふるさと納税のお礼品に高松まつり花火大会「特別有料観覧席」ペアチケットが加わります。

 平成28年6月10日(金曜日)午前9時から、ふるさと高松応援寄附金のお礼品として、第51回さぬき高松まつり花火大会「特別有料観覧席」を15組30人分(大人中学生以上)追加します。WEB申請先着8組、書類申込先着7組で寄附受付を開始します。
市外にお住まいで、かつ5万円以上の寄附をいただいた方が、選択できるお礼品となります。
なお、受付期間は、平成28年6月10日(金)午前9時から平成28年6月30日(木)午後5時までになります。

ふるさと納税情報サイト(外部リンク)

↑このページの上へ