峰山公園展望台からの市街地の眺望   一歩一景・栗林公園  源平合戦の古戦場・屋島  日本三大水城・玉藻公園(史跡高松城跡) 高松の奥座敷・塩江温泉郷 たかまつミライエ

おすすめ情報

屋島ドライブウェイの愛称を募集します

平成29年12月1日(金)から平成30年1月15日(月)

屋島ドライブウェイの愛称を募集します!

本市では、気軽に屋島に訪れ、そこでの自然や歴史・文化の香りに触れていただくだけでなく、山上から望む、美しい多島美の眺望や、世界に誇れる夕景・夜景などを体感できるよう、平成29年7月21日から屋島ドライブウェイの無料化を開始しました。
今回、本市の誇れるシンボルロードとして、将来にわたり、市民の皆様に愛され続けることができるよう、屋島ドライブウェイの新たな愛称を募集します。

石の民俗資料館企画展「さぬきアートプロジェクト四宮龍展Waveシリーズ2018」

平成30年1月6日(土)から2月12日(月・祝)

石の民俗資料館企画展「さぬきアートプロジェクト四宮龍展Waveシリーズ2018」

今年度のさぬきアートプロジェクトは、海の環境問題をテーマに、海岸に漂着している流木や廃材を利用して作品を創り続ける、四宮龍氏の展覧会を開催します。流木を短くカットしたものをパネルに貼り付け、変化していく波の浮き沈みを表現した新作「Wave」シリーズを中心に、「Seaman」シリーズを含む約10点を展示します。
また、期間中には、関連行事として四宮龍氏を講師に迎え、海に漂着している流木や貝殻を使って作品を作る「漂流物でアート」を開催します。

高松市塩江美術館企画展「-道を往く-展」〜歩く向こうに〜

平成29年12月16日(土)から平成30年2月4日(日)

高松市塩江美術館企画展「−道を往く−展」〜歩く向こうに〜

本展では塩江美術館コレクションの中から、道が描かれている作品に焦点をあて、ご紹介いたします。画面に描かれている道を歩いてゆき、その先に何かの物語を想像しながら作品をじっくりとご鑑賞ください。
(出品作家:伊東義久、川瀬巴水、熊野俊一、田中祐一)

高松市歴史資料館収蔵品展「戦国時代の高松−西と香西と東の十河−」

平成29年11月3日(金・祝)から12月24日(日)

高松市歴史資料館収蔵品展「戦国時代の高松−西の香西と東の十河−」

平成28年度から、勝賀城跡の調査が37年ぶりに始まり、讃岐の中世史について解明しようとする気運が高まっています。勝賀城の城主であり現在の高松市西部を領有した香西氏と高松市東部を領有した十河氏を中心に、戦国時代の高松について紹介します。

地域スポーツ

観光情報

  • 高松旅ネット
  • さぬきうどん百点満点
  • マイ・トリップかがわ 
 

市長定例記者会見

入札・契約情報

よく見られるページ

facebook

たかまつ ホッとLINE

高松市自治基本条例 

瀬戸・高松広域連携中枢都市圏 

TAKAMATSU (For French)

多核連携型コンパクト・エコシティ

屋島ナビ

迷い犬・猫の情報はこちらから 

高松市移住ナビ

高松ふるさと納税

高松市市民活動センター「ふらっと高松」

コミねっと高松

高松つながっていい友!

らっこネット

たかまつひとり親サポートネット

高松市きっずの森

企業誘致優遇制度

世界の姉妹・友好都市との交流

企業広告

企業広告について